診療科のご案内
麻酔科

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。
  1. 宝塚市立病院TOP
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 診療科のご案内 : 麻酔科

麻酔科

診療科の紹介

麻酔科は周術期(手術前、手術中、手術後)の疼痛管理を中心として呼吸・循環管理、代謝管理を行っています。一般の皆さんには馴染みの薄い診療科ですが、局所麻酔薬を注射する診療科ではありません。

人間は大きな怪我をすると怪我が元で直ぐに死んでしまいます。手術でおなかや胸を切ると言うことは大きな怪我をすることと同じです。この時、私たち麻酔科医師は全身麻酔や神経ブロックを駆使して大きな痛みをコントロールします。痛みをコントロール(痛みを感じさせない)することにより呼吸や循環、代謝へ及ぼす悪影響を断ち切り、呼吸、循環、代謝をサポートします。

また、手術中の皆さんは殆どが鎮静中でものを言うことが出来ませんから、われわれ麻酔科医は皆さんの代弁者として患者の権利を守るように心がけています。

麻酔科で行う麻酔法

全身麻酔

  • 吸入ガス麻酔
  • TIVA(完全静脈麻酔)

神経ブロック

  • 硬膜外麻酔(頸部、胸部、腰部、仙骨部)
  • 脊髄くも膜下麻酔
  • エコーガイド下神経ブロック各種

上記の各種麻酔法を患者さんの症状、手術内容、手術環境を考慮して単体や組み合わせて最良の麻酔法になるよう施行しております。手術後の痛みも極力コントロールするように努めており、開胸や開腹の大きな痛みを伴う手術では持続硬膜外麻酔を併用し疼痛コントロールを行い、硬膜外麻酔の施行できない患者さんには麻薬などの鎮痛薬をPCA※1ポンプを用いて痛みをコントロールしています。

また、当院の中央手術室で行われる全身麻酔や神経ブロック症例(局所麻酔症例はのぞく)は全例、麻酔科医が1症例:1麻酔科医で管理しており、麻酔科医の掛け持ちや当該診療科による自科麻酔は行っておりません。これは周術期の安全管理では必須の事項と考えております。

PCA (Patient Controlled Analgesia)

患者さんが痛みに応じて自分の判断で鎮痛薬を投与できる鎮痛法・ポンプです。自分で鎮痛という医療に参画できるため患者さんの満足度は高く良好な鎮痛が得られます。

麻酔科の診療体制

日本麻酔科学会認定指導医2名に加え同麻酔科専門医1名、認定医2名、レジデント数名を常勤スタッフとして配備し、症例数の増減に合わせ適宜、麻酔専門医の非常勤スタッフを臨時配備し診療を行っております。

対象として

  • 老人麻酔
  • 成人麻酔
  • 小児麻酔

一般はもとより、耳鼻科のラリンゴマイクロサージリーなどでのジェット換気麻酔、呼吸器外科症例などの片肺換気麻酔も多く管理しております。

また、院内の難治疼痛症例では硬膜外ブロック、各種神経ブロックを駆使し、疼痛治療も積極的に行っております。

当院麻酔科では麻酔科として関われることには積極的に関わるようにしています。周術期管理、麻酔、集中治療、疼痛治療はもとより、手術室の番人として最新の医療倫理を身につけ医療安全管理にも積極的に関与しています。心配蘇生法を中心としたACLS(二次心肺蘇生法)の習得はもちろん、広く院内に啓発するため麻酔科医全員が心肺蘇生法Guideline 2005を受講し、院内での心肺蘇生法講習会のインストラクターを務めています。

麻酔の実績

診療実績は、当院の概要→診療実績を参照

医師のご紹介

氏名 野間 秀樹(のま・ひでき) 野間 秀樹
役職 麻酔科部長
卒業年度 1995年
専門分野(診療) 麻酔一般
専門医など認定資格 日本麻酔科学会 認定指導医
日本ペインクリニック学会 専門医
患者様へのメッセージ・
好きな言葉など
患者様が手術をできるだけストレスなく、安心して受けていただくように日々頑張っています。
氏名 橋本 和磨(はしもと・かずま)
役職 医長
氏名 緒方 洪貴(おがた・ひろき)
役職 嘱託
氏名 垣内 英樹(かきうち・ひでき)
役職 非常勤
専門医など認定資格 日本麻酔科学会 認定指導医
氏名 山口 瑛(やまぐち・てる)
役職 非常勤
専門医など認定資格 日本麻酔科学会 認定指導医
氏名 金子 隆彦(かねこ・たかひこ)
役職 非常勤
専門医など認定資格 日本麻酔科学会 認定医
日本周術期経食道心エコー認定委員会認定医
ページのトップへ