診療科のご案内
消化器内科

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。
  1. 宝塚市立病院TOP
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 診療科のご案内 : 消化器内科

消化器内科

消化器内科の方針

患者さんの権利を尊重し、安全と感染予防に努めつつ、最新の医療を実践します。各疾患の治療方針は各疾患の診療ガイドラインを準拠しつつ、カンファレンスを通じて主治医のみならず同科・他診療科の医師とも相談の上、各々の患者さんの意志を尊重して決定します。治療を開始する際には、十分な説明を行った上、患者さんや御家族の同意のもとに行います。

基本方針

1.救急患者を積極的に受け入れ、常に質が高く、安全かつ低侵襲な治療を実践する診療科を目指します。

2.地域医療への貢献をめざし、救急患者の受け入れに必要な入院病床の確保に努めます。

3.退院後の患者さんの生活の質を高めるため、他診療科および他部署との連携を密に行い、早期の社会復帰を目指します。

4.さらに臨床実習医学生・臨床研修医の教育・指導や専門医取得への指導も担っていきます。

 

消化器内科の主な検査および治療

当科は、日本消化器病学会認定施設で、消化器管(食道、胃、大腸など)と肝臓、胆嚢、膵臓等を含めた消化器疾患を扱っています。特に積極的に実施しているものは、次のとおりです。

  1. 消化管出血に対する診断と内視鏡治療(上部消化管、下部消化管、中部消化管:小腸)
  2. ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術(食道、胃、大腸))
  3. 超音波内視鏡(消化管、胆・膵)、FNA(超音波内視鏡ガイド下穿刺)
  4. 小腸内視鏡(カプセル内視鏡・ダブルバルーン小腸内視鏡)※詳細は下記をご覧ください。
  5. 胃・十二指腸潰瘍のヘリコバスター・ピロリ菌除菌療法
  6. B、C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法、抗ウイルス薬療法
  7. 癌化学療法(主に胃、大腸、膵臓、胆道系悪性腫瘍に対する)
  8. 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の診断、治療
  9. 内視鏡治療(食道静脈瘤結紮、胃・大腸ポリープ切除、粘膜切除、内視鏡的乳頭括約筋切開術、閉塞性黄疸ドレナージ等)
  10. 肝癌に対する肝動脈塞栓術(放射線科)、ラジオ波

C型肝炎に対する治療

   こちらをご覧ください。→ C型肝炎のはなし.pdf

小腸内視鏡検査

 近年内視鏡機器の発達はめざましく、小腸も内視鏡下で診断及び治療ができるようになりました。血便、貧血などがあり消化管出血の疑いがあり、上部内視鏡検査や大腸内視鏡検査を行っても出血源不明の場合(OGIB;Obscure GI bleeding; 原因不明消化管出血)、小腸腫瘍・ポリープ疑い、狭窄症状の精査などが疑われる場合、小腸内視鏡検査が必要となります。特に原因不明の消化管出血は、早い対応が必要です。心疾患、脳疾患、動脈硬化、下肢静脈瘤などの疾患が増加傾向である今日、血をサラサラにする薬(抗凝固剤、抗血小板剤)を飲んでいる人も多いため、原因不明の消化管出血は増えています。

 当院ではカプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡を用いて小腸の診断を行っています。主に、苦痛のないカプセル内視鏡で観察し、ダブルバルーン内視鏡で組織を採取などにより確定診断、止血処置・拡張術・ポリープ摘除などの治療を行います。

 

 カプセル小腸内視鏡検査

操作手順

①センサアレイ、データレコーダを取り付けカプセル内視鏡を飲む(下図参照)。

②日常生活をする。カプセルを飲んでから2時間後より飲水摂取可、4時間後より軽食摂取可となります。

③カプセル内視鏡を飲んでから8時間~翌日の間で、センサアレイ及びデータレコーダをはずし、検査結果を見ます。

※カプセル小腸内視鏡検査は、生活スタイルに合わせ時間外でも対応いたしますので御相談下さい。                  

図7.jpg

 

 

ダブルバルーン小腸内視鏡検査

ダブルバルーン内視鏡は経口からと経肛門からの2回に分けて、全小腸を観察するため、通常2日間にわたって検査をします。ほとんどが入院していただき検査を実施します。

操作手順

①腸管内をきれいにするために、下剤(マグコロールP150ml、検査前日の夕食1時間後内服)及び腸管洗浄液(ニフレック2ℓ、検査当日内服)を飲む。

②鎮静剤・鎮痛剤・麻酔薬などを使い、眠ってからダブルバルーン内視鏡を挿入し、検査を実施する。(下図参照)

WSCOPE.jpg

    

→〔消化器内視鏡センター〕をご覧ください。ここをクリックしてください。

診療実績

診療実績は、当院の概要→診療実績を参照

医師のご紹介

氏名 阿部 孝(あべ・たかし) 阿部 孝
役職 副院長 兼消化器内科主任部長 兼消化器内視鏡センター長
卒業年度 1982年
専門分野(診療) 消化管出血の内視鏡治療
専門医など認定資格

日本内科学会指導医 / 近畿地方会評議員
日本消化器病学会指導医 / 学会評議員
日本消化器内視鏡学会指導医 / 社団評議員 / 査読委員
日本カプセル内視鏡学会指導医 / 代議員
日本消化管学会胃腸科指導医 / 代議員
日本消化器がん検診学会指導医
日本腹部救急医学会教育医 / 評議員 / 編集委員 / 学会賞選考委員
日本大腸検査学会評議員
日本肝臓学会指導医 / 西部会評議員
日本大腸肛門病学会指導医 / 評議員
日本潰瘍学会評議員
日本プライマリ・ケア学会指導医
日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本臨床内科医会認定医
日本家族性腫瘍学会評議員

氏名 田中 弘教(たなか・ひろのり) 83868.JPG
役職 消化器内科部長
卒業年度 1993年
専門分野(診療) 肝疾患(特に肝腫瘍)の診断と治療
専門医など認定資格

日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医・学会評議員
日本肝臓学会認定肝臓専門医・指導医・西部会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医
日本超音波医学会専門医・指導医・代議員(編集委員会査読委員)
兵庫医科大学非常勤講師

氏名 宮﨑 純一(みやざき・じゅんいち) 78085.JPG
役職 消化器内科部長
卒業年度 1993年
専門分野(診療) 消化器内視鏡
専門医など認定資格

日本内科学会認定総合内科専門医 / 指導医
日本消化器内視鏡学会指導医 / 専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医

氏名 杉田 光司(すぎた・こうじ) 84513.JPG
役職 消化器内科部長
専門分野(診療) 消化器内視鏡
専門医など認定資格

日本内科学会認定内科医 / 指導医
日本消化器内視鏡学会専門医 / 指導医
日本消化器病学会専門医

氏名 李 兆亮(り・ちょうりょう) ri79057.JPG
役職 主任医長
専門分野(診療)  
専門医など認定資格

日本内科学会認定内科医 / 指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医
日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医

氏名 柚木崎 紘司(ゆのきざき・ひろし) yunokizaki72710.JPG
役職 主任医長
卒業年度 2003年
専門分野(診療)  
専門医など認定資格 日本内科学会認定内科医 / 指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
医師の臨床研修指導医講習会終了
氏名 田村 公佑(たむら・こうすけ)
役職 医長
卒業年度 2007年
専門医など認定資格 日本内科学会認定内科医
日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
日本消化管学会胃腸科認定医
日本医師会認定産業医
医師の臨床研修指導医講習会終了
氏名 山﨑 之良(やまさき・ゆきなが)
役職 医長
専門医など認定資格 日本消化管学会胃腸科認定医
日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医
日本カプセル内視鏡学会認定医
日本医師会認定産業医
氏名 菊地 珠希(きくち・たまき)
役職 医員
専門医など認定資格 日本内科学会認定内科医
氏名 宮本 勇人(みやもと・はやと)
役職 嘱託
専門医など認定資格 日本内科学会認定内科医
氏名 内橋 孝史(うちはし・たかし)
役職 嘱託
専門医など認定資格 日本内科学会認定内科医
日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医
氏名 井上 祐真(いのうえ・ゆうま)
役職 嘱託
専門医など認定資格 日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医
氏名 川端 一美(かわばた・かずみ)
役職 嘱託
専門医など認定資格 日本内科学会認定内科医
日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医
氏名 樋口 洋史(ひぐち・ひろし)
役職 嘱託
氏名 中川 泰樹(なかがわ・やすき)
役職 嘱託
氏名 齋藤 正紀(さいとう・まさき)
役職 非常勤
卒業年度 1988年
専門医など認定資格 日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会肝臓専門医
氏名 志村 陽子(しむら・ようこ)
役職 非常勤
専門分野(診療)  
専門医など認定資格 日本内科学会認定内科医
氏名 東 大里(ひがし・たいり)
役職 非常勤
氏名 高橋 裕二(たかはし・ゆうじ)
役職 非常勤
氏名 池田 直人(いけだ・なおと)
役職 非常勤

外来診療担当医表

外来診療担当医表はこちらをご覧下さい。

ページのトップへ