診療科のご案内
緩和ケア内科

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。
  1. 宝塚市立病院TOP
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 診療科のご案内 : 緩和ケア内科

緩和ケア内科

診療科のご紹介

緩和ケア内科は、がん患者さんの生活の質:Quality of Life(QOL)を尊重する医療を実践していきます。がん患者さんにおける緩和ケアは、がんと診断され、告知を受けた時点から始まるとされています。緩和ケア内科での診療は、がん医療の初期段階からも広く関わっていくこととし、他科の抗がん医療と並行して緩和ケアを行い、終末期も含めた診療も行っていきます。

基本方針

  1. 患者さん自身の意思を尊重し、ご家族の希望にも十分配慮し、終末期を充実した生活として送れるよう診療を行っていきます。
  2. 患者さんの身体的症状や、精神的症状の緩和に努め、無理な延命は行わず、また、生命予後の意図した短縮も行いません。
  3. チーム医療を基本とし、緩和ケア内科医師のみが診療方針を決めるのではなく、看護師や薬剤師など他職種との合議により、診療を進めていきます。
  4. 病院全体での緩和医療の体制の構築を目指し、他診療科や他部署と十分な連携を行っていきます。
  5. 先行する抗がん剤などのがん治療を否定するのでなく、患者さんのご希望に合わせてその継続を行い、緩和医療と平行して行っていきます。
  6. 患者さんのご希望に応じて、代替・補完療法も行っていきます。
  7. 宝塚市全体の緩和医療の向上を目指し、市内の医療機関と連携し、地域医療にも貢献していきます。
  8. がん患者さんの在宅医療の支援・推進を行っていき、個別の患者についての診療計画もかかりつけ医とともに行っていく予定です。

対象とする症状など

対象は、主としてがん患者さんです。他の診療科でも、基本的な緩和ケアは行っていますが、緩和ケア内科は、専門的に緩和ケアを行っていきます。がん患者さんは、その病状の進行により、痛みや呼吸困難、倦怠感、食欲不振、吐き気などのさまざまな症状がみられることがあります。これらの症状に対して、お薬やケアなどを行い、症状の改善を図ります。また、これらの身体的症状に加えて、気分がすぐれない、思い悩むなどの精神的症状もみられることがありますので、個別に応じて治療を行います。

入院までの流れ

外来

初診は、緩和ケア内科相談室で20分-30分の時間をとり面談をしています。再診は緩和ケア内科外来で診療しています。緩和ケア内科医師、緩和ケア認定看護師が緩和ケアチームとして診療を行っています。

入院までの流れ

入院としての診療は、緩和ケア病棟で行っています。

 ①面談の申し込み(地域医療室にご連絡ください。希望日を伺い、必要書類を説明します。)

 ②面談(本人、または病状をよく理解されている人に来院をお願いします。※病棟見学も行います。)

 ③入院日の調整、決定

 ④当院より入院日の連絡

お問い合わせは、当院の地域医療室までご連絡ください。(☎0797-87-1161)

緩和ケア病棟のご紹介⇒緩和ケア病棟のご紹介.pdf(4.2MB)

診療実績

診療実績は、当院の概要→診療実績を参照  

平成26年度(平成26年4月ー平成27年3月)緩和ケア病棟退院患者の診療結果報告.pdf

医師のご紹介

氏名 松田 良信(まつだ・よしのぶ) 松田良信
役職 副院長、緩和ケア内科主任部長
卒業年度 昭和54年
専門分野(診療) 緩和医療・呼吸器疾患
専門医など認定資格 日本内科学会認定医
日本緩和医療学会暫定指導医
日本呼吸器学会指導医
日本呼吸器内視鏡学会指導医
日本禁煙学会認定禁煙専門医
日本医師会認定産業医
患者様へのメッセージ・
好きな言葉など
患者さまの、できるだけ長く生きたい、できるだけ苦痛を取り除いてほしい、できるだけ残された時間を大切にしたいという、気持ちを大切に診療したいと思います。
氏名 吉川 善人(よしかわ・よしと) yosikawa82635.JPG
役職 緩和ケア内科主任部長
専門医など認定資格 日本外科学会認定医
日本乳がん学会認定医

外来診療担当医表

外来診療担当医表はこちらをご覧下さい。

ページのトップへ