部門のご案内
薬剤部

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。
  1. 宝塚市立病院TOP
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 部門のご案内 : 薬剤部

薬剤部

職場の紹介

  • rsujibuchou1.jpg

病気の治療に欠かすことのできない「薬」。患者さまにとって安全で効果的な薬物治療をしっかりと支えているのが、 私たち病院薬剤師です。

医師・看護師などとともに、私たち病院薬剤師は、チーム医療の一員として、患者さまに安全で効果的な治療を受けていただくために、医療を支えています。

当院の病院薬剤師は、外来患者さまのお薬の調剤をはじめ、入院患者さまのお薬の調剤、注射薬調剤、院内製剤、特殊院内製剤、薬物治療モニタリング、医薬品管理、医師・看護師など医療スタッフへの薬品情報提供などを通して医療を支えています。             辻薬剤部部長

また、入院患者さまへは、医師の依頼に基づき服薬指導を実施しています。

 手術を受けられる患者さまへ

手術を受けられる患者さまへ

薬剤部では、手術を受けられる患者さまのお薬・健康食品などの内容を、初診時にお調べしています。
手術に影響するお薬・健康食品が含まれていないことを確認し、情報を診療科に還元しています。当院で手術を受けられる予定の患者さまは、現在服用しているお薬・健康食品(などのお薬手帳や説明書)を来院時に必ずご持参ください。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

 術前中止薬

当院では、手術に影響するお薬の中止基準は、医薬品の添付文書、関連文献や各種ガイドラインに示される根拠に基づいて医師と薬剤師が協力して作成しています。2010年までは一覧表を作成してチェックを行っていましたが、現在は持参薬システムを導入し、迅速かつ正確なチェックを行っています。

術前中止薬一覧2010.7版 50音順(麻酔科・外科監修)

術前中止薬一覧2008.7版(麻酔科・外科監修)

術前中止薬一覧【引用文献】

提示しているPDFファイルの更新は行っていません。

 業務の紹介

調剤
注射薬調剤
がん化学療法
院内製剤・特殊院内製剤
医薬品情報の提供
医薬品の管理と供給
薬物治療モニタリング
服薬指導

 施設基準認定事項

  • 日本医療薬学会認定研修施設
  • 日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設
  • 薬学教育協議会薬学実務実習施設
  • 医薬品等安全性情報協力施設(厚生労働省)

 院外処方せん

平成24年(2012年)11月から、当院では院外処方としています。

受診された外来診療科で院外処方せんを発行しています。患者さまご希望の「保険調剤薬局」に院外処方せんを持参していただくと、お薬が交付がされます。

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ジェネリック医薬品とは、先発メーカーが新薬を開発・発売後、ある一定の再審査期間や特許の有効期間が切れた後、後発メーカーが同一成分の薬を製造し販売する後発の医薬品のことです。

この特許権には種々の特許があり、医薬品によって違いはありますが一般的には約十数年過ぎてから製造発売されることが多いようです。したがって、現在発売されている全ての医薬品に対してジェネリック医薬品が発売されているわけではありません。

薬の値段は国が薬価基準として定め、新薬の開発に莫大な費用と時間をかけた先発メーカーには高い薬価が、後発メーカーには安い薬価が定められています。

本院では平成18年4月から、先発医薬品を記載した院外処方せんでも先発医薬品に代わるジェネリック医薬品がある場合、保険調剤薬局でジェネリック医薬品への代替調剤ができるようになりました。当初は希望患者のみ院外処方箋を発行していましたが、平成24年11月より全ての外来処方箋を院外発行としました(治験薬など一部の薬と休日・夜間は除く)。

院外でのジェネリック医薬品については、保険調剤薬局の薬剤師にご相談ください。なお、病院と保険調剤薬局とは、調剤等にかかる診療・調剤報酬が異なるため、場合によってお支払いが高くなる事がありますが、ご理解をお願いします。

ジェネリック医薬品の使用は医療経済の適正化のため、国(厚労省)が推進する事業であり、公立病院である本院もこの方針に従い、ジェネリック医薬品の使用を推進しています。院内で使用しているジェネリック医薬品はジェネリック医薬品が発売されている先発医薬品との使用比率は数量ベースで約80%となっています。通常、後発医薬品と先発医薬品は成分の組成は同一ですが、添加物、原料、製造工程等は異なります。このため、本院では医師5名、薬剤師3名を含む後発医薬品選定委員会を設置し、膨大なデータを解析して臨床上問題がないと判断したジェネリック医薬品を選定して院内で使用しています。

 

 専門・認定薬剤師

日本医療薬学会:指導薬剤師2名、認定薬剤師7名、がん専門薬剤師1名

日本薬剤師研修センター:認定薬剤師4名、認定実務実習指導薬剤師11名

日本病院薬剤師会:感染制御専門薬剤師1名

日本緩和医療薬学会:緩和薬物療法認定薬剤師1名

日本化学療法学会:抗菌化学療法認定薬剤師1名

 

ページのトップへ