看護部のご案内
教育体制

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。
  1. 宝塚市立病院TOP
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 看護部のご案内 : 教育体制

教育体制

教育理念

病院中心の知識や技術を教えるTeachingだけでなく、看護師の能力を引き出し発展させるEducationとして看護職員の能力開発に取り組み、看護師が将来において院内だけに留まらず、他施設や一般社会にも通用する自律した専門職としての能力開発を行います。

当院の医療を担う看護師に重要な技能について、到達目標を設定し行動レベルで明示することによって指導・教育の方向性を明確にし、学習者が自ら学ぶシステムを確立します。

教育、学習という相互作用を通して教える者も学ぶ者も共に考え、ディスカッションすることによって専門的にも人間的にもお互い成長することを目指します。

教育目標

  1. 看護部の理念と期待する看護能力を明示し、それらを達成するために当看護部の教育理念に基づき系統的で段階的な教育を展開する。
  2. 看護部の現任教育の考え方が分散教育に反映され、集合教育と分散教育が統合され、一貫性をもった教育を展開し、効果的な能力開発を行う。
  3. 教授する者が情報や知識を提供する受動的学習ではなく、学習方法を習得させ、必要な情報を効率よく収集して実践に活用できる能動的な人材を育成する。
  4. 看護師個人の学習ニーズの把握に努め、他施設や一般社会にも通用する自律した専門職としての能力開発を支援する。

教育方法

教育方法の図

教育の実施と評価

研修にあたっては、看護部が期待する研修前・中・後の研修生の知識・態度・行動変容を明文化し、他方、行動変容の支援者として、師長・教育担当主任・教育委員がそれぞれ役割分担をして研修前の動機づけ、研修中の支援、研修後の支援を行っている。

現任教育の柱

現任教育の柱の図

キャリア開発

「自律した専門職としての能力開発」という教育理念を実現するために、クリニカルラダーによるキャリア支援を行っています。

クリニカルラダー

わたし達の春夏秋冬

看護教育計画

ページのトップへ