看護部のご案内
部署紹介

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。
  1. 宝塚市立病院TOP
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 看護部のご案内 : 部署紹介

部署紹介

  • 褥瘡対策室
    皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡管理者として、褥瘡発生のリスクがある、または褥瘡を保有している患者さんに対して、定期的な褥瘡発生のリスクアセスメントを行い、必要なケアを計画しています。
  • 血液浄化療法センター
    医師を中心に、臨床工学技士などのコメディカルと連携を図り、各種の血液浄化療法を行っています。患者さんの状態に合わせた対応、専門技術の提供、感染防止への取り組みを行い、患者様の安全確保に努めています。
  • 中央滅菌室
    検査・処置及び手術などの治療や看護で使用した器械を再利用するために、洗浄・乾燥した器械を滅菌機で滅菌処理を行い、各医療現場に供給しています。
  • 中央診療
    放射線科診療の補助・中央放射線室での検査受診時の介助・内視鏡使用による検査と治療の介助、中央検査室では、主に血液検体採取業務を行っています。
  • 外来
    初診患者の診察や専門診療科への振り分けをスムーズに行うことが目的となります。また患者さんの化学療法のサポートや在宅での自己管理ができるようご相談に応じています。
  • 中央手術室
    円滑に手術が進むようスタッフ間のコミュニケ-ションを良好に保ち、手術看護に必要な知識や技術の向上に努め、患者さんの安全を守ります。また、術前訪問を行ったり、手術中は患者さまの傍にいて不安が和らぐように努めています。
  • 集中治療救急室
    手術直後や重症の患者さんの治療が行われ、患者さんにとって治療の一番大変な時期を過ごされるところです。常に安心して治療を受けていただけるよう、細やかな観察力を持ち、科学的根拠にもとづいた安全で効果的なケアを行っています。
  • 4階西病棟
    呼吸器外科・呼吸器内科・耳鼻咽喉科・小児科・救急科・皮膚科の各診療科入院患者さんの看護介入を行っています。入院時より退院計画の展開を重視して、円滑な社会復帰や地域への連携など 退院調整を図り、継続看護・家族看護を行っています。
  • 5階東病棟
    整形外科・救急科の混合病棟です。高齢者が多く、患者さんの安全確保に努めながら援助しています。
  • 5階西病棟
    5階西は、外科・消化器内科・整形外科の混合病棟です。急性期(術前・術後を含む)・回復期・終末期の患者様が入院生活を送られます。患者さんご自身が治療を選択され、ご家族と共に安心して治療を受けられるよう支援しています。
  • 6階東病棟
    血液内科、リウマチ科・眼科・腫瘍科の混合病棟です。血液内科は化学療法が中心です。患者さん自身が治療に関する十分な知識を持つことで、安全かつ安心して治療を乗り越えていくことができるように援助しています。また眼科は高齢の患者さんが安心して治療を受けられるように、安全確保に努めながら援助しています。
  • 6階西病棟
    循環器内科・形成外科・夜間救急・小児科・救急科の混合病棟です。救急患者さんには迅速な対応をし、医療管理マネジメントスキルを持って地域との「切れ目のない看護」を目指しています。
  • 7階東(緩和ケア)病棟
    緩和ケア内科の看護病棟です。
    緩和ケア内科の患者さんを対象に日々看護を提供しています。
  • 7階西病棟
    泌尿器科・腎臓内科・脳神経外科・歯科口腔外科の混合病棟です。ここでの患者さんは心理面のストレスや、緊急性を要する場合などが多く、私たち看護師は患者さんやそのご家族への配慮も常に考え看護にあたっています。
  • 8階西病棟
    消化器内科病棟です。予定入院・緊急入院の件数、内視鏡下の検査・治療件数が共にとても多い病棟です。限られたスタッフ数の中で、抜群のチームワークで明るく元気に看護を行っています。
  • 内視鏡センター
    nai77.jpg内視鏡センターでは、年間1万件以上の検査を行っています。患者さんが安心して検査が受けられるよう援助しています。
  • 救急医療センター
    kyulyu.jpg救急医療センターは緊急入院やICUから転棟してくる準重症患者の受け入れをしています。危機的状況におかれている患者さん、ご家族は不安が大きいと思いますので、相手の立場に立って思いやる気持ちを看護につなげていけるように努めています。
  • 入院支援センター
    nyuuinsien2015.JPG安心して療養していただけるように、入院や治療に関する説明、入院生活に必要な事柄を経験豊富な看護師がお聞きしています。
ページのトップへ