患者さまへ
治験Q&A

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。

治験Q&A

  • 治験を行うには被験者となりうる方の同意が必要となります。
    そこで、必ず納得して同意していただけるように 治験の説明を行うことが法律により決められております。
  • こちらでは、治験に対してのよくある質問にお答えします。
治験についての説明って?
治験を受ける対象の方に該当した場合には、医師は治験について時間をかけて説明をします。
内容に関しては、治験とは何か、治験の目的や治験薬の作用・副作用はどのようなものか、どのような試験の仕方をするのか、検査のスケジュール、などです。
何かわからないことがあれば、必ずその場で質問しましょう。
なお、治験についての説明は、説明文書というものに沿って行うことになってます。説明文書はあなたの手元に残ります。
どのような治験であるか理解してください。
同意は説明された日にしなくてはいけないの?
同意するのはその場でもかまいませんが、自宅に戻って家族と相談したり、また、説明文書を何度も読んで納得されてからなど考える時間を十分にとって頂いて構いません。
お世話になってる医師だけど・・・参加するかどうか 迷っています。断ってもいいの?
治験に参加するかどうかは、あなたのご自由です。
たとえお断りになられても今後の治療や診療には差し支えありません。
十分に説明をお聞きになり、納得された上でご参加ください。
治験に参加してるけど、止めたくなった・・・途中でやめてもいい??
治験薬を使うことに同意をされた後でも、あなたが中止を申し出られたときはどのような理由であっても取りやめることができます。
その場合は必ず担当医師にご連絡ください。
治験に参加した後に新しい副作用があるときは教えてもらえるの?
治験に参加された後に、新たにわかった副作用などの情報がある場合には、すぐにあなたにお知らせします。
その際、治験を続けるかどうかはあなたの意思で決めてください。
治験を受けていることを他の人に知られたくないのですがプライバシーは守られるのでしょうか?
治験によって得られたデータは医学論文や厚生労働省への審査資料として使われることになります。そのため厚生労働省や製薬会社の人などが来てあなたのカルテ や検査データをみることになります。しかし、あなたの住所や名前、電話番号などの個人的な情報は公開されることは決してありませんのでご安心ください。
治験を受けているけど、途中で止めることになりました 何故?
治験を受けていただいている方でも、治験薬を正しく評価するため充たさなければならない条件があります。もし、条件が充たされていないことがわかったときには、お断りする場合があります。
また、医師があなたにとって治験薬を続けることが望ましくないと判断した場合にも、中止していただくことになります。
もし、治験薬で副作用が起きたときは?
治験薬だけでなく、治験に必要な検査によって副作用などが起きた場合には、適切な治療や補償が受けられます。
診察の費用はどうなってますか?
治験によって必要な検査や治験薬は、治験を依頼している会社が負担します。
しかし、通常の診察の費用は、今まで通り保険診療にもとづく自己負担になります。
ページのトップへ